会員企業の採用関連情報

新卒・中途採用の募集を行っている会員企業の 採用関連情報を掲載しています。※募集が終了している場合もありますので、最新の情報は各企業のホームページ上の採用情報をご覧いただくか、各企業のお問合せ先にてご確認ください。

ご希望条件をチェックしてください。

募集状況


職種





検索結果一覧

会社名 所在地 詳細
株式会社徳祥 東京都中央区東日本橋二丁目8番10号 徳祥ビル 詳細はこちら
飛島建設株式会社 東京都港区港南1-8-15 Wビル 5階 詳細はこちら
株式会社ナカノフドー建設 東京都千代田区九段北4−2−28 詳細はこちら
ナスエンジニアリング株式会社 東京都中央区日本橋本町3-8-4ユニゾ日本橋本町三丁目ビル4階 詳細はこちら
南海辰村建設株式会社 大阪府大阪市浪速区難波中3−5−19 詳細はこちら
西松建設株式会社 東京都港区虎ノ門1−23−1虎ノ門ヒルズ森タワー10階 詳細はこちら
日鋪建設株式会社 東京都世田谷区三宿1-13-1東映三宿ビル4階 詳細はこちら
日本建設 株式会社 東京都文京区小石川1-15-17 詳細はこちら
株式会社ノバック東京本店 兵庫県姫路市北条1−92 詳細はこちら
ハザマ・エンジニアリング株式会社 東京都世田谷区上野毛1-25-2宇田川ビル2F 詳細はこちら

いま、建設業は熱い!!!

インタビュー

建設業には多種多様な職種の仕事があります。
現在、建設現場と深く関わる立場で活躍している若者たちを、それぞれの現場で取材しました。
これからの建設業界を支えるモノづくりへの情熱とエネルギーをご紹介いたします。

PDFダウンロード

スケール感を体感できるのが土木の醍醐味

2010年入社/
土木施工/伊藤 敬大

大学で土木のことを幅広く学び、将来自分が何をやりたいかと自問した時に、構造物を造っていく現場に携わりたいと思い、土木施工の道を選びました。今の現場にも毎日100人以上の作業員が関わっていますが、それだけ多くの人の手によって造られたという、そのスケール感をリアルに体感できることが、土木の仕事のやりがいだと思います。

PDFダウンロード

人物フォーカス 一問一答

Q1:映画/音楽/読書/ゲーム、一番好きなのはどれ?
音楽ですね。J-Pop全般、聴いています。
Q2:タイムマシンに乗れるとしたら、どの時代のどの場所へ行きますか?
前の現場に行って、1〜2年目の自分に「もっとがんばれ」と励ましてあげたいです。
Q3:人生で一番泣いた日は?
前の現場での日々です。いろいろなことが起きて、悔しい思いをしました。
Q4:LINE/Twitter/Facebook、ハマっているのはどれ?
家族とのコミュニケーションに、LINEを使っています。
Q5:自分はどういう人だと思いますか?
「自己中」だと思います。でも、そのことに自分で気づいてから人間的に成長したと感じます。

設計のプロとして付加価値のある提案を

2011年入社/
意匠設計/長尾 裕介

意匠設計は、人の生活に寄り添う空間や建物をデザインする仕事です。自分の提案が構造物としてカタチになり、利用者のみなさんに喜んでもらえることに一番のやりがいを感じます。5年目を迎える今は、いかにして付加価値のある提案に仕上げていくかを常に模索する日々です。今後は、より広い視野を持って、さらに大規模な施設や街づくりに関わっていきたいと思います。

PDFダウンロード

人物フォーカス 一問一答

Q1:趣味はありますか?
建築物を見に行ったり、美術館巡りをしたりするのが好きです。美術館は、作品はもちろん、建物自体にも興味があります。
Q2:休日は何をして過ごしますか?
高校まで野球部に入っていたので、今も時々草野球をしています。大勢で運動するのが好きです。
Q3:旅に行けるとしたら、どこへ行きますか?
ボリビアのウユニ塩湖を一度、見てみたいです。
Q4:タイムマシンに乗れるとしたら、どの時代のどの場所へ行きますか?
未来でも過去でもいいですが、自分がいない時代を見てみたいです。例えば、100年後の未来はクルマが飛んだりしているのか、確かめたいです。
Q5:自分はどういう人だと思いますか?
浅く広く興味を持っていて、いろいろなことをやってみたくなる人です。

安全で高品質な建物を世界中に残したい

2014年入社/
建築施工/大滝 麗理

私は中学・高校の頃、家族と上海で暮らしていたのですが、2008年に発生した四川大地震は今も忘れられません。現地の建物がたくさん倒壊している映像をテレビで目の当たりにし、自分は大学で建築を学ぼう、そして安全でしっかりした品質の建物を自分の手で造りたいと思うようになりました。

PDFダウンロード

人物フォーカス 一問一答

Q1:映画/音楽/読書/ゲーム、一番好きなのはどれ?
「映画」です。いろんな国の言葉や文化に触れられるので。
Q2:旅に行けるとしたら、どこへ行きますか?
フランスに行ってみたいです。
Q3:タイムマシンに乗れるとしたら、どの時代のどの場所へ行きますか?
先の未来に行きたいです。技術がどのくらい進んでいるのか、見てみたいです。
Q4:100万円あったら、何に使いますか?
親を連れて旅行に行きます。
Q5:自分はどういう人だと思いますか?
どんな年齢層の方とも仲良くできます。緊張も物怖じもしません。よく他の人からは「海外に住んでいたから?」と言われます。

提案を実現することが、次への意欲

2013年入社/
設備/柿田 修平

大学では環境工学科に籍を置き、騒音や水質汚染など生活環境の問題を重点的に研究していました。それらを最も活かせるのがゼネコンの設備担当ではないかと考え、面接時には生活環境をトータルマネジメtントできる部署で働きたいとお願いしました。現在は希望どおりの職務に就くことができ、日々充実しています。

PDFダウンロード

人物フォーカス 一問一答

Q1:趣味はありますか?
旅行に行き、旅先でアクティビティスポーツをするのが好きですね。マカオタワーから233メートルのバンジージャンプに挑戦したこともあります。
Q2:休日は何をして過ごしますか?
ロードバイクに乗って、気持ちいい汗をかいています。
Q3:映画/音楽/読書/ゲーム、一番好きなのはどれ?
「映画」が好きです。暇さえあれば見ています。「ベンジャミン・バトン」「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」が良かったです。
Q4:タイムマシンに乗れるとしたら、どの時代のどの場所へ行きますか?
200年後くらいの未来に行って、どれほど設備が進んでいるのかを見てみたいです。
Q5:自分はどういう人だと思いますか?
意外と、仕事に真面目で、仕事が好きな人です。

現場を支える若手社員の一日

建設現場は、どんな工事でも同じ状況は生まれません。それだけに日々の仕事の積み重ねが重要になります。
建築、土木の現場に関わる若者の一日を実感してください。

リポート

大きいものを造る、夢現実の真っ只中

2009年入社/建築施工/鈴木 圭

入社7年目の現在までに5つの物件に関わり、それらはすべてオフィスビルでした。初めて部下ができましたが、自分が教える立場になれたのも知識と経験が身に付いたからだと思いますし、逆に多くのことを気付かされることもあります。

1日のタイムテーブルを見る

  • 8:00朝礼

    当日の作業状況、危険ポイントを全作業員に周知させます。

  • 9:00現場巡回

    各作業場の作業状況を点検・確認をします。

  • 11:00社内打合せ

    担当社員の打合せで、現在の進捗状況などを共有します。

  • 12:00昼食

    社員全員で食事をしながらコミュニケーションを図ります。

  • 13:00計画

    次工程の作業計画、コスト計画を立案します。

  • 15:00設計事務所と
    打ち合わせ

    次工程の作業計画、コスト計画を立案します。

  • 17:00確認

    当日作業の進捗状況、品質状況を計画通りか確認します。

  • 18:00書類チェック
    ・作成

    日常管理書類のチェックおよび作成を行います。

リポート

NEW現場の「いいね!」の声に一体感を実感

2015年入社/土木技術設計/原沢 蓉子

私は新潟県出身で、中学生の時に中越地震を体験しました。生まれて初めての大きな揺れに驚き、安全は当たり前にあるものじゃないと痛感。その体験をきっかけに土木への興味が湧き、大学は土木工学科へ進学し、大学院ではコンクリートについての研究をしていました。

1日のタイムテーブルを見る

  • 8:00出社

    毎朝8時頃出社します。

  • 9:00メールチェック・朝礼

    メールと1日のスケジュールをチェックして業務内容を確認します。

  • 10:00検討業務

    仮設構造物の施工ステップの検討や図面作成、計算などを行います。

  • 11:00先輩社員との打合せ

    検討業務の進捗について報告、また困ったことを相談したりします。

  • 12:00昼食

    社内のフリースペースで同期と一緒に昼食をとります。

  • 13:00部内会議

    部内のグループ会議に出席し、議事録を作成します

  • 15:00現場打合せ

    施工状況について、現場のスタッフから説明を受けます。

  • 16:00現場視察

    実際に現場を見て、施工状況や進捗を把握します。

建築という仕事 Part1

建築という仕事 Part2

建築という仕事 Part3

建設業「アレコレ」インフォ

「2018年度新卒採用の予定数は?

東京オリンピックをはじめとする建設事業の需要増加を見込み、人材確保を見据えた動きが活発化。

詳細はこちら

「女性の更なる活躍」着々と

建設業で活躍している女性へのインタビューや、業界の取り組み等をご紹介します。

詳細はこちら

建設業の初任給って?

厚生労働省は2016年賃金構造基本統計調査の結果から産業別の初任給を公表しました。

詳細はこちら

先輩たちの就活体験アンケート

先輩の就職活動実態を紹介!

平成28年4月に東京建設業協会の会員企業に入社した先輩たちに、就職活動に関するアンケートを実施しました。〔回答者数486人(技術職385人、事務職101人)〕

就職活動をスタートした時期
ウェブ(プレ)エントリーした企業数
受験した企業数
内定を獲得した企業数
インターンシップに参加した回数
企業のインターンシップに参加したか否か

ホンネを教えます!採用担当者座談会

某月某日、ゼネコンの採用担当者である5名の方々にお集まりいただき、座談会を開催しました。テーマは、エントリーシートや面接でのチェックポイント、企業が求める人材像についてです。短い時間でしたが、採用担当者の本音を伺うことができました。建設業界を志す皆さん、ぜひ参考にしてください。

参加メンバー

  • A社
  • B社
  • C社
  • D社
  • E社

Part.1

採用担当者はあなたの何を見ているか?

続きを読む

[テーマ1:エントリーシートのチェックポイント] 業界ではなく、「会社を選んだ理由」を書いてほしい。

A社
「なぜ当社を選んだのか」という熱意を重視しています。かっこいいことばかり書いてあっても、こちらには響いてきませんから、あまりプラスにはなりませんね。当社に入りたい思いが伝わってこないと。
B社
そうですね。「なぜ当社を選んだのか」ではなく、建設業界を志望した動機のみを書いているケースが多いです。例えば、「社会に貢献したい」という理由なら、当社じゃなくても可能ですから。もし、当社の会社説明会やインターンシップに参加した人なら、他社も回ったけれども、うちのこの点が良かったというアピールをしてもらえればいいんです。
C社
当社の場合、「入社後、当社でなし遂げたい夢」について書く欄があります。その内容が、当社で実現できるのか、当社でなければならない理由があるのか、そういうポイントは必ず見ていますね。
D社
私も「なぜ当社なのか」を中心に見ています。やはり志望理由は最も重要だということですね。
E社
志望理由を見ると、当社の説明会で配った書類を読んで書いたものか、自分の言葉で書いたものかというのは、すぐわかります。「社長の言葉に感銘を受けた」だと、その人の熱があまり伝わってこない。「この施工物件が好きだ」とか、ちょっとしたことでもいいので、当社に入りたいというオリジナルのエピソードがあると、とても好印象を持ちます。
それから、細かいミスも意外と目に付きますね。サイズを指定しているのに別なサイズで提出したり、写真を張っていなかったり、封筒表書きの社名が間違っていたり。
B社
字が丁寧に書かれているか、文章が論理的か、誤字脱字がないかもチェックしています。
C社
字のきれいさや誤字脱字の有無はもちろんですが、余白が少なくないかも見ています。

[テーマ2:面接で聞きたいこと] 担当者は「あなたのコミュニケーション能力」が知りたい。

E社
当社は、面接官が学生のみなさんの緊張をほぐす努力をしていますね。場を和ませて、本音を引き出すようにしています。聞きたいのは、学生時代に打ち込んだことです。勉強でもスポーツでも、何でもいいんです。そういう学生時代の経験から、「挫折したことがあるか、もしあれば、その時どうしたか」とつなげて聞いています。現場では大変なこともあるので、はたしてやっていけるのか、ストレス耐性はどうなのかをぜひ知りたいですから。
A社
失敗や挫折をした時にどう乗り越えたかが見えないと、入ってもすぐに辞めてしまうのかなと思ってしまいますね。
C社
当社も学生時代にがんばってきたことは聞きますし、「現場の仕事はつらいことも多いが、やっていけるか」という質問も毎回しています。基本的にエントリーシートに沿って質問していますが、なぜ当社なのかという点をかなり突っ込んで聞いたりします。それから、「周りの人からどんなタイプの人間だと言われているか」もよく聞きますね。現場で仕事をするうえで大切なコミュニケーション能力が量れますから。
D社
コミュニケーション能力は当社でも重視しますね。皆さんと同様に「学生時代に一生懸命やったこと」も聞いています。アルバイトでもクラブ活動でもいいですが、例えば途中でクラブを辞めている人やアルバイトをコロコロ変えている人はあまり印象が良くないです。逆に、同じアルバイトを長く続けて上の方の立場になった人は、人の使い方がある程度うまい気がしますね。
A社
部活動やアルバイトの経験は、当社も必ず聞きます。所長などの年齢が離れたスタッフと上手くコミュニケーションできるかどうかは、やはり経験で決まる部分が大きいと思います。周囲との関係構築をうまくできるのか知りたいので、「何をやっていたか」だけでなく、「そこで得たこと」「つらかった時にどうしたか」「相談できる相手がいるか」などもよく聞きます。
B社
当社でもコミュニケーション能力を量るために、「幅広い年齢層の方々と接触して何かをした経験があるか」「個人プレーよりもチームとして成果を出すという仕事に対してどのような感想を持っているか」「集団行動が苦手でないか」を質問しています。
皆さんとちょっと違う部分を言うと、当社の志望順位を聞いています。「第1志望群」などという、あやふやな答え方をする学生が意外と多いですね。それならば、例えば「第2志望です」と、はっきり言ってもらったほうがよっぽど印象はいいです。それから、勤務地の希望も、聞きます。総合職としての採用ですから全国転勤が前提ですが、最近の学生は地元志向が強いですね。地元にこだわらない人を採りたいと思っています。

[テーマ3:面接で見ているところ] あなたの誠実さや冷静さは、その言動からわかってしまう。

C社
まず、入ってきた時の挨拶や身だしなみを見ます。第一印象は重要ですから。面接中に手をモジモジ動かしたり、中にはちょっと不思議な仕草をする人もたまにいますが、そういうところは気になりますね。
E社
入ってきた時の挨拶の仕方は大事ですね。こちらを見てきちんと挨拶しているか。面接官はそこを非常によく見ています。好印象なのは、現場でかわいがられそうな素直な方ですね。素直さや誠実さは、質問に真剣に答えているか、わからないことはきちんとわからないと言うか、そういう部分に表れます。誠実さがこちらに伝わると、きっと職人さんにも所長にもかわいがられてうまく仕事ができるだろうなというイメージが湧いてきます。
C社
現場では、年齢が離れた方たちと一緒に働きますからね。目上の人に対しても、良い悪いを上手く伝えなければならない立場なので、自分の意見をきちんと伝えられるかという部分は見ています。
A社
素直さや誠実さは大事ですね。業界用語などの知らない言葉を含んだ質問をされた時の反応は、まちまちです。「知らないので勉強させてください」と言う人もいれば、知ったかぶりをして話す人もいます。そういう部分が、現場で出てしまうとトラブルにつながるので、知ったかぶりをしている人にはあえて突っ込んだりもします。
B社
当社で気をつけて見ているのは、「情熱が感じられるか」「事前にしっかり準備して自分の中で話すことが整理されているか」というあたりです。緊張もあると思いますが、こちらの質問に対して全然違う答えが返ってくることもありますね。
D社
質問内容にちゃんと答えていて、しかも自分の考えを簡潔に話せていると印象がいいですね。他には、落ちつきや礼儀正しさ、仕事への前向きな姿勢、働く目的の明確さなども評価の対象にしています。
閉じる

Part.2NEW!

面接で こんな発言や行動はNG!

ゼネコンの採用担当者5名の方々による座談会の後半です。テーマは、面接で言ってはいけない発言や、やってはいけない行動、さらにはそれぞれの会社が望んでいる人材像についてもお話しいただきました。知らず識らずのうちにNGな言動をしてしまわないように、よく読んでみてください。

続きを読む

[テーマ4:面接でのNG発言] 学生口調・ネガティブな内容・間違った知識は特にNG。

E社
「○○ッス」のような学生口調で話す人がいます。素の自分を見せようという演出なのかもしれませんが、「自分はリラックスしています」という表現が過剰な方は、マイナス評価です。
B社
私も、違和感を覚えます。
E社
それに、他社のことを悪く言う学生もいます。例えば「インターンシップで行った会社は、こういうところが嫌でした」と他の学生がいる前でも平気で言うのですが、それは絶対に止めた方がいいですね。
B社
わざわざネガティブなことを言わなくてもいいと思います。アルバイトに一生懸命打ち込んでバイトリーダーになった話はいいけれど、「そのせいで留年しました」と説明するのはどうでしょうか。
A社
留年していても、何か得るものがあって、自分が変われたというメッセージならいいんです。そういうものが何も見えないと、評価は低いです。
C社
質問に無理矢理答えようとして間違ったことを言うのも良くないです。当社の会社概要くらいは知っているはずだと思って、社長の名前や売上規模などを聞いてみるのですが、そういう基本的な質問にさえ、間違えて答えるような方はNGです。
D社
緊張しているせいもあるのでしょうが、質問に対して的外れな回答を延々と続けるのもNGですね。
E社
社名を間違えて覚えている方が意外と多いのが、ショックです。社名はもちろん、もし会社説明会やインターンシップの担当者の名前を出すのなら、絶対に間違えないで欲しいですね。
C社
当社の特徴なんですが、事務系社員には入社後10年くらい作業所事務として働いてもらいます。ところが、作業所事務の仕事の認識が間違っている方がいます。やりたくないと言い出したり、私は営業しか考えていないなどと答えられると、当社にはマッチしない方だと判断せざるを得ません。
それから、NGな発言とは違うかもしれませんが、志望順位を聞いた時、すぐに「第一志望です」と言えない学生はダメです。
B社
熱意のある言葉がほしいですね。志望理由を聞いてみると、「両親に勧められたから」「先生に勧められたから」と答える方がいます。自分の意思ではないのかと、がっかりします。
D社
希望する勤務地を聞かれた時は、「どこでも」と答えてもらうのが一番です。例えば「福岡がいいです」などと選り好みをする方だと、ちょっと避けたくなりますね。
B社
当社も全国に支店や現場がありますから、「地元で仕事したい」と言われると、あまり良い印象は持ちません。

[テーマ 5:面接でのNG行動] 遅刻は厳禁、ビジネスマナーがなっていない・気遣いができないのはNG。

B社
まず、遅刻はダメですね。時間ギリギリもよくないです。
A社
逆に、来るのが早過ぎる学生もいますね。指定した受付時間より30分以上早く来られても、対応に困ることもあるわけです。適切な時間がわからないのかなと思ってしまいます。
B社
時間に余裕がなかったからでしょうか、最低限の身だしなみが整っていない方がいます。ヒゲを剃っていなかったり、髪が乱れたりしていると、印象が悪いです。
E社
私も、身だしなみはきちんとしてきてほしいと思います。あまりビジネスの場にふさわしくない靴を履いている方もいますが、面接官からは足元がよく見えてしまうので、とても気になります。
A社
私もつい足元を見てしまうのですが、短い靴下を履いている方も意外と多いですね。面接で着席するのはわかっているはずなのに、気にならないんでしょうか。
E社
女性で、長い髪をきちんとまとめていなかったり、髪色がすごく茶色かったりする方もいます。これも面接の場にはふさわしくないと思います。
A社
頻繁に足を動かしているしぐさを見ると、落ちつきのなさを感じます。口癖も気になります。例えば、「えーと」が多過ぎる人とか。
D社
落ちつきのない学生は意外と多いです。人の目を見て話さない学生も多く、そういう人には良い印象を持ちません。
E社
当社は、集団面接を行っていますが、自分の番ではない時の態度が気になる人がいます。全然違う方を見ていたりして、明らかに上の空で、他の人の話を聞く気がないように見えます。
C社
長い時間話し過ぎる人もいますね。当社の場合、1次面接も最終面接も、学生1人に面接官3人か4人で対応していますが、学生が一人でずっと話をしていると時間が足りず、面接官が充分に質問できないまま終わってしまうこともあります。聞かれたことに簡潔に答える、言葉のキャッチボールができることが重要だと思います。
E社
緊張していて、精一杯なのはわかりますが、気遣いができる人がいいですね。
C社
私は面接前の待ち時間の様子もチェックしています。学生同士で、「他社はこうだった」「他社の選考はここまで進んでいる」「○○に内定をもらった」などと、こちらに聞こえるような声で話していたりします。面接を受けに来ているという心持ちで待っていてほしいですね。

[テーマ6:望まれる人材像] ものづくりが好きで誠実・素直である人、主体的に動ける人を求む。

E社
ゼネコンですから、ものづくりが好きだということが大前提です。
C社
当社でも、ものづくりへの純粋な思いがあるかどうかは重要視しています。
E社
その上で、主体性を持って行動できる人材を望んでいます。
A社
若い人たちを見ていると指示待ち人間が多いと感じます。どんどん自分から行動できる人に来てほしいです。
E社
主体性を持った行動が初めからできる人はなかなかいないだろうと思います。当然、会社で育てていくわけですが、素直な人ほど、どんどん伸びていく傾向があります。ですから、素直で、ものづくりへの熱い思いがあればいいと考えています。
C社
素直な人は、この業界に向いていると思いますね。あとは、コミュニケーション能力を活かして、チームワークでものづくりに取り組む意欲がある人。それから、新しいことに挑戦することを恐れずに、仕事を通じてどんどん成長していこうという意欲がある人。そういう人が、当社の求める人物像だと思います。
D社
意欲や誠実さは、やはり大事だと思いますね。当社でも、誠実で、常に前向きに取り組んでいける人材を望んでいます。
A社
当社も、誠実で、人から吸収していこうとする意欲がある人を望んでいます。
B社
元請会社の職員として働くのですから、新入社員であっても、現場に入ってすぐに「監督さん」と呼ばれ、協力会社の職人に指示を出さなければならない立場になります。毅然として指示を出す一方で、職人を敬い、いろいろと教えてもらいながら成長できるような人材であってほしいと思います。

いかがでしたか?
採用担当者の皆さんに共通しているのは、誠実で素直、前向きな姿勢に対しての好印象です。
多くの人たちが協力して工事を進める建設業では、そういう若者を求めています。
ぜひ就活に役立てて、めざす会社の内定を勝ち取ってください。

閉じる